スターリング・ハイウェイの標識にもあるように、アンカーポイントは北米大陸の道路網を利用して陸続きで到達できる最西端です。ソルドトナの南約100km、ホーマーの北約22.5kmに位置するアンカーポイントには、1,930人が暮らしており、キナイ半島全般に渡る素晴らしい風景や世界でも指折りのスポーツ・フィッシングの地として知られています。

アンカーポイントについて

1778年5月のこと、キャプテン・クックがレゾリューション号を操縦し、渦を巻いて通る強い潮流に逆らって北に向かっている途中、錨(アンカー)が流されました。それにちなみ、カチェマック湾の玄関口であるその沿岸部が、アンカーポイントと名づけられたのです。

アンカーポイントを訪れる観光客は、素晴らしい景観は言うに及ばず、宿泊施設、レストラン、スーパーマーケット、釣具店、アンティークショップ、アートギャラリー、ミュージアムなど多数のセレクションに恵まれていることに気がつくでしょう。晴れた日には、アンカーポイントからリダウト、イリアムナ、オウグスティン、ダグラスの4つの活火山を望むことができます。

観光ポイント

戦没者追悼記念日前の週末にはキングサーモンを、さらに夏から秋にかけてはオショロコマ、シルバー・サーモン、大型のニジマス、スチールヘッドを求めて、多くの釣り人がこのアンカー川に押し寄せます。5月から9月にかけて、ビーチで地元のスポーツ・フィッシングのチャーター便会社のトラクターランチを利用し、お客様にはクック湾で大型のオヒョウやサケなどのスポーツ・フィッシングをお楽しみいただいています。

アンカーポイントの魅力は釣りの素晴らしさだけにとどまりません。バードウォッチング、ハイキング、野生動物の観察や写真撮影にも最適です。クマ観察ツアー、マリンツアー、カヤック、遊覧飛行、犬ゾリ、エコツーリズムなどはガイド付きツアーを利用できます。アンカーポイントのビーチは、白頭ワシや海岸に生息する鳥類の観察や撮影で有名なスポットでもあります。

ハイウェイポイントの最西端に向かうには、町からアンカーリバー・ロード(ビーチ・ロード)の果てへと進みます。ここにはクック湾を一望できる展望デッキや望遠鏡が備えられ、標識はこの特別な場所のためにデザインされています。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK