2つの村から構成されるベテルス/エバンスビルには人口30人ほどが暮らしています。ベテルスはアラスカで最も小さな法人格組織としての市となっており、北極圏の扉国立公園、コバックバレー国立公園、ノアタック国立自然保護区、カヌッティ国立自然動物保護区、北アラスカのセントラル・ブルックス山脈への主要な出発ポイントとなっています。また、この地域は、原生自然ロッジとアドベンチャー、そして絶好の釣りが楽しめるキャンプ場で知られており、経験豊かなガイドとアウトドア用具店は的確なアドバイスを与えてくれます。

ベテルスの飛行場の外れにあるレンジャー・ステーションでは、北極圏の扉国立公園とカヌティ国立野生動物保護区に関する情報を得ることができ、公園関連の資源や情報提供を目的に夏の間は連日オープンしていますが、それ以外の季節は月曜日から金曜日までとなっています。ベテルスを訪れ、北極圏の扉国立公園&コバック国立公園のスタンプを集めるコレクターもいます。 

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK