ケ二コット・カッパー鉱山への鉄道路線の駅だったクーパー川流域にあるこの町には、大変な変遷の歴史があります。かつてゴースト・タウンと化したこの町は、1990年代に米国最大の国立公園であるランゲル・セントアライアス国立公園・保護区への玄関として再興されました。チティナのメイン・アトラクションは、クーパー川のサーモン網漁で、アンカレジの住民だけでなく、米国の各州から旅行者が押し寄せます。

グレンナレンの南東、エジャートン・ハイウェイから54km地点にある人口125人のこの小さな町は、クーパー川とチティナ川の合流地点でもあり、498mのブラックバーン山の山陰に位置します。

チティナは 1910年に誕生し、その頃すでにこの辺りにはアサバスカン・インディアンが住んでいましたが、  クーパーリバー&ノースウェスタン鉄道の主要駅となり、鉱山労働者や入植者達の注目を集めるようになりました。その後、チティナは急速に中央アラスカへの重要な交通要所となり、人口が3000人を超えるようになると、様々なショップや5つのホテル、宿泊施設、バー、ダンスホール、映画館までを持つようになりました。 1938年に鉱山が閉山した後は、ランゲル・セントアライアス国立公園・自然保護区がオープンし、再び注目されるようになりました。かつての鉄道線跡に沿って東へ向かう96kmのマッカーシー道路を利用して公園へと向かう旅行者たちの主要なゲートウェイとなっています。

町には、徒歩圏内に宿泊施設やロッジ、雑貨店、ガソリンスタンド、食堂、釣り船屋、ロッジ、教会など、全てが揃っています。マッカーシーに行くには、チティナから96kmの砂利道を利用します。ランゲル・セントアライアス国立公園までは、車で3時間以上をみておく必要があります。もちろん、シャトルやエアタクシーのサービスもあります。歴史的写真や展示物がある丸太小屋のランゲル・セントアライアス国立公園チティーナ・レンジャー・ステーション (Tel: 907-823-2205)では、詳細なご案内を提供していますので、お問い合わせ下さい。現在は アートギャラリーになっている国定登録歴史財のブリキ屋の建物も必見です。 

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK