アラスカ鉱山時代に栄えた町の中でも、良く保存されている町の一つであるイーグルは、丸太小屋や羽目板小屋が並ぶ古風な趣のある集落で、現在は歴史を愛するフレンドリーな人々が住んでいます。テイラー・ハイウェイの北側終点にあたり、カナダとアラスカ国境の西約10kmに位置しています。人口129人のこの町では、イーグル・ブラッフの下のユーコン川を見下ろすように数多くの歴史的建造物が並んでいます。

また、イーグルにはアラスカ州で最大の「博物館システム」があると言われており、修復された20世紀初頭の5つの建築物がそれを象徴しています。夏の期間は、これらの建築物を見学した後、ウィカーシャムズ裁判所、イーグル・シティー・ホール、ログ教会、エグベルト要塞、レッドメン・ホール、税関ビル博物館をはじめ、探検家ロアルド・アムンゼン訪問記念碑があるアムンゼン公園等を巡る3時間の散策ツアーをイーグル歴史協会が実施しています。

歴史的に重要な川船の上陸地として、イーグルは今でもユーコン川を渡る旅行者に人気のジャンプ・オフ(飛び降り)ポイントとなっています。イーグルからユーコン川・チャーリー川国立保護区を通り、サークルまで 川を下る246㎞の夏の船旅は大変人気がありますが、5日から10日程を要します。ドーソン・シティからユーコン、ユーコンからサークルへと川を下りますが、イーグルが途中の人気寄港地となっています。

ユーコン川の川岸にあるユーコン川・チャーリー川国立保護区ビジター・センター(907-547-2233/      907-547-2233)は10,120 k㎡の保護区であると同時に、船旅に関する情報の提供も行っています。

1880年代にフランソワ・メルシアーが到着し、この地域に交易地点を設けるずっと前から、アサバスカン族が定住していました。そこは、現在、イーグル・ビレッジと呼ばれています。その後、1898年には鉱山労働者が定住を始めましたが、1年後には中央アラスカに「法と秩序を維持する一環として」、米陸軍が要塞を建設しました。1900年に、ジェームス・ウィカーシャム判事が連邦裁判所をイーグルに設置し、翌年には セオドア・ルーズベルト大統領が、イーグルを中央アラスカで最初の組織法人格ある都市とする宣言を 発出しました。20世紀初頭には、人口は1500人を超え、「北のパリ」と呼ぶ住民もいた程イーグルは最盛期を迎えました。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK