アンカレジの42km北西に位置するこの360年も続くアラスカの先住民の村は、この地域で最も古くからアサバスカン族が居住した場所で、アラスカで最も興味深い人類学の研究拠点ともなっています。エクルートナ州立レクリエーション・サイトの中心となる場所で、ハイキングやとマウンテンバイクに適した43kmのトレイル、カヤック、キャンプ場など様々なアクティビティを楽しむことができます。 夏の間は 太いタイヤのマウンテンバイク、カヤックなどがキャンプ場でレンタル出来ます。

アサバスカン・インディアンは、1000年以上にわたりこの地に住んでいました。現在、377人のエクルートナの村の住人は1650年にこの地に定住を始めたデナイーナ族の子孫達です。ロシア正教の宣教師達が 1840年代にこの村を訪れ、アサバスカンとロシア正教の文化の融合を試みましたが、当初、それは容易なことではありませんでした。素晴らしいエクルートナ・ビレッジ歴史公園では、発見された当時の所蔵品を展示しており、この二つの文化を見ることができます。 公園内には、グレーター・アンカレジで最も古い建物の一つである聖ニコラス・ロシア正教会と毎週礼拝に使用されている新しい聖ニコラス教会の他、デナイナ・アサバスカン墓地では80の明るい色彩の墓石を見学することができます。

この先住民の村を起点にしたエクルートナ湖ロードを東に16km進むとエクルートナ湖の西端とエクルートナ湖州立レクリエーション・エリアに到着します。チュガッチ山脈のそびえ立つ山頂と氷河のコントラストが美しい湖岸は、アラスカでも絶景ポイントの一つで、チュガッチ州立公園にあるこの湖は、長さ11kmにも及びます。 

エクルートナ湖州立レクリエーション・エリアよりグレン・ハイウェイに近いのがサンダーバード滝です。ハイウェイからわずか500メートルほどのドライブで岩の多い小さな峡谷に流れ出る滝口が見下ろせる観察ポイントに到着しますが、美しい景観のハイキングを楽しみながら1.6km程の道を歩いても到着できます。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK