人口454人を擁するアラスカの道路網の中心でもある美しい景観の町グレンナレンには、グレン・ハイウェイとリチャードソン・ハイウェイの交差点の西3.2kmにあり、そびえる山々に囲まれるように佇んでいます。この立地の良さから、ランゲル・セントアライアス国立公園・自然保護区への出発点として、旅行者に様々な施設とサービスを提供しています。

ランゲル・セントアライアス国立公園・自然保護区でのアクティビティを楽しみにグレンナレンには多くの旅行者が到着します。デナリ国立公園には北米で最も高い山がありますが、ランゲル・セントアライアスにはアメリカのトップ16にランクされる高い山々の内の9つがあると同時に、北にランゲル山、南にチュガッチ山脈、アラスカ湾からそり上がるセントアライアス山脈といった3つの連山が交わります。グレンナレンは、ランゲル・セントアライアスのゲートウェイとして、夏には世界クラスの釣り、ラフティング、野生動物見学、山頂遊覧飛行、オフ・ロード自動車ツアー、そして冬にはスノーモビル・ツアー等を楽しむ人たちで賑わうと同時に、ツアーをアレンジする旅行会社やアウトドア用具店、そして同行するガイドの会社などが多数あります。

また、グレンナレンは、1月に開催される「カッパー盆地300犬ゾリレース( www.cb300.com ) 」の出発地点でもあり、アラスカの最も過酷な300マイル(480km)と言われるレースコースはループ状になっており、まず北のサミット湖に向かい、そこで東に向きを変えてグレンナレンへと戻り、東のトルソナ湖リゾートでゴールを迎えます。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK