かつてゴールドラッシュ郡と呼ばれたハッチャー・パスは、美しい山々の山頂に囲まれた場所で、1184mのアルパイン・パラダイスでは魅力的なタルキートナ山脈の景色、金鉱山の遺産、そしてユニークな宿泊施設などを楽しむことができますが、他のサービスはほとんどありません。 この地の人々が最初に見つけた金鉱の宝物に変わり、今では散策トレイル、廃坑に加え、素晴らしい冬のスキーなどが人気を集めています。

マツーバレーは、パノラマのような広がる景観を見せ、絶好の写真撮影ポイントとなっています。

ハッチャー・パスへは、グレン・ハイウェイからパーマーに向け35kmの地点にありますが、ワシラやウィローを経由してジョージ・パークス・ハイウェイからも行くことができます。

ハッチャー・パスの主なアトラクションは、アルパイン峡谷に広がる巨大な金鉱跡である272エーカーのインデペンデンス・マイン州立歴史公園です。美しい公園の鉢形の渓谷内には、アラスカ・パシフィック・マイニング社が1930年代に建設した16の建物の遺跡や当時アラスカで最も堅いと言われた岩石の金鉱山が広がっています。1955年に廃墟となり、今は州立公園となった鉱山とその周りに造られたコミュニティは、一見の価値があります。

また、ハッチャー・パスはパラセイリングでも人気があり、色とりどりのセイルが風と滑空するのを見ることが出来ます。サミット湖州立レクリエーション・サイトは インデペンデンス鉱山からほど近い距離にあります。さなすり鉢形の湖であるサミット湖は山の中の小さな湖となっており、6m程の深さがあります。キャンプ場はありませんが 素晴らし景観の中でのピクニックは最高です。

雪のシーズンには、ハッチャー・パスの指定地域ではクロス・カントリー・スキーやスノーボードのプレイヤーで賑わいます。スノーモービルも楽しむことができハッチャー・パスの西側では人気がありますが、条件次第では禁止される場合もありますので、旅行者は最新情報をチェックすることをお勧めします。インデペンデンス鉱山州立歴史公園の近くにあるマツーボローには素晴らしいソリ滑りの丘があり、一般の人も利用することができます。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK