デナリ国立公園自然保護区の中での宿泊場所と言えばカンティシュナです。国立公園には属しませんが、公園に囲まれたこの場所は、大自然そのものを体感できる場所です。道の外れにある豪華なリゾート施設は、公園までの送迎サービスを行っております。晴れた日にマッキンリー山が頭上に迫ってくる体験は、カンティシュナ以外では考えられません。カンティシュナの歴史は、1905年にユーレカ・クリークとムース・クリークの接合点にある金鉱採掘キャンプとして始まりました。この地域の金鉱には多くの採掘者たちが群がりましたが、金が枯渇するとカンティシュナ・ヒルズへの関心も薄れてしまいました。現在、カンティシュナと周辺地域は、夏には135人が暮らし、冬は誰もいなくなる私有地となっています。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK