マタヌスカ氷河は、チュガッチ山脈から流れ出る43kmの長さの氷の川で、アラスカで最もアクセスが容易な氷河です。1万8千年前の氷河時代にはパーマーまで延びていたこの氷河は、今でも終端で6.4kmの広さを誇る景観で旅行者を驚かせています。グレン・ハイウェイの163km地点にあり、私有キャンプ場とリゾートがあるグレイシャー公園には氷河伝いに最も近づける場所と言えるでしょう。

私有道路沿いにある終点の氷堆石(モレーン)の駐車場に車を停め、そこから歩いていくと砂利が混じった氷に到着します。ここからは、ローカルガイドを伴い、ヘルメット、アイゼン、トレッキング・ステック等を装備し、氷河へのトレッキングへと進みます。さらなるアドベンチャーを求める人には、アイス・クライミングを楽しみながら一日を過ごすことでしょう。

グレイシャー公園の南、グレン・ハイウェイの161km地点には、キャンプ場、氷河が見える休憩エリアなどを備えたマタヌスカ氷河州立レクリエーション・サイトがあります。エッジ・ネイチャー・トレイルは 亜寒帯森林を抜け、案内版がある氷河観察台まで、32kmの散策を楽しむことができます。さらに南のグレン・ハイウェイ22km地点にあるキング山州立レクリエーション・サイトにもキャンプ場があります。 マタヌスカ川岸に位置する素晴らしい景観のこのキャンプ場からは、東南にキング山も見えます。マタヌスカ氷河とキング山との間には、氷河を観察できるロッジやB&Bが数軒あります。

Your Photos

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK