この地に暮らす2200人の住民は、サンタクロースはアラスカのノース・ポールに住んでいると皆に信じて欲しいと願っています。1944年に定住が始まった際、土地開発会社がここの土地を販売するにあたり、「ノース・ポール製(北極製)」の玩具として宣伝できるという理由で、玩具製造会社を呼び寄せようとした結果ノース・ポールというクリスマス・ホリディのような名前を付けたのがそのまま定着しました。しかし、残念ながら、玩具製造業者を呼び寄せるという案は実現しませんでした。

フェアバンクスから車で南に15分ほど走った場所にあるノース・ポールは、気温が26.6℃にもなる7月の暑い時も含め、年間を通してクリスマスの飾り付けが施したクリスマスがテーマの町です。この可愛らしい町にあるサンタクロース・レーンやクリス・クリングル・ドライブ、ミスルトー・レーンなどを散策するか、サンタランドRVパークで夜を過ごすのも良いでしょう。12月には、アラスカ各地はもとより、中国、ロシアからも氷の彫刻家たちが参加する恒例のノース・ポール・クリスマス・アイス・コンテストが開催され、町は活気に溢れます。

様々なイベントや花火で人気のこの冬祭りには多くの人々が集まり、世界中のラジオ放送局のDJが町の役場に電話をかけ、「現在、気温はどのくらいか?」とか、「サンタクロースは本当に住んでいるのか?」といった質問を浴びせています。また、全国放送のTV局は、サンタクロース・ハウスから生中継で実況放送を行うことも珍しくありません。南サンタクロース・レーンにあるノース・ポール郵便局には、「アラスカ ノース・ポール サンタクロース様」とだけ書かれた郵便物が年間40万以上届きます。

一年中いつでもサンタが見られる楽しさ以外にも、ノース・ポールは数多くのバラエティ豊かなレストランで知られており、2009年版、フード・ネットワーク社の「ダイナーズ・ドライブイン&ダイブス」にも特集として掲載されました。また、ノース・ポールは、フェアバンクス地区を訪れる際、特にRV車を運転する人々の基地として 利用するのに最適です。チナ湖レクリエーション地域付近には、80のキャンプ場、海水浴ビーチ、舗装されたバイク・トレイルの他、北極イワナ, サーモン、ニジマス等が釣れるチナ湖でのカヌーレンタルなどの設備が整っています ノース・ポールの中には、ノース・ポール公園のテント村や設備が整った2つのキャンプ場が あります。

ノース・ポールをクリスマス・スピリットと関連性は、1950年代、熱心なコン・ミラーにより広まりました。この若い交易所の職員が小さな子供たちのために、アラスカの村々でサンタクロースを演じていたのは森林地帯では良く知られていました。彼が自らの交易所を開設した際、サンタクロース・ハウスと名付け、現在は巨大なサンタ像と様々なクリスマス装飾品や玩具が並ぶショップとして繁盛しています。また、ノース・ポールの紅白キャンディー・ストライプを施したポストは、この町で最も有名な目印となっています。

Your Photos

トップアクティビティ - ノース・ポール

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK