シトカの北128km、ジュノーの西112kmのチチャゴフ島の北西岸に位置する漁村のペリカンは、住居やお店、会社などに通じているボードウォークが有名で、1938年、買った魚をシトカに運搬していた漁業関係者が、リシアンスキ入江に設立した村です。フェアウェザー・サーモン漁場に最も近い港があるため、漁業がペリカンの主要産業となっています。

人口は113人ですが、漁業関係者や季節労働者がやって来る夏には人口が激増します。     5月に催される音楽祭「ペリカン・ボードウォーク・ブギー」には、お祭り騒ぎを求めてこの地方のお人々が大勢やって来ます。特に近くの州都ジュノーからは、議会シーズン終わりの疲れを癒すのを目的に多くの議会関係者がこの地を訪れます。 夏の間は、月2回運航のアラスカ・マリンハイウェイにてペリカンを訪れることが出来るので、ジュノーからの日帰りの船旅も楽しむことができます。

アイシー海峡を通るクルーズは、美しい景色が楽しめる上、ザトウクジラの姿を目にすることもできます。 2時間の滞在で、この町のほとんど全てを見物することができます。サーモン・ウェイは、干潟に杭打ちで建てられた1.6km程のボードウォークで、カメラマンの絶好の被写体となっています。その先には、わずか3.2kmの砂利道が続きます。

ボードウォークを超えたところにあるペリカンは美しい森林やフィヨルドに囲まれており、ここは西チカゴフ・ヤコビ島原生自然エリアの外側海岸部に位置する温泉への一泊旅行、シーカヤック、ハリバット釣りやサーモン釣りなどユニークなアラスカの冒険を体験して頂くためのゲートウェイとなっています。

フォノグラフ湾、サニーサイド居住区、そしてペリカンには 幾つかの釣り用ロッジがあります。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK