ソルドトナは、キナイ半島のスターリング・ハイウェイとキナイ・スプール・ハイウェイの交わるところに位置しています。1940年代に、この2つのハイウェイが完成した際、キナイ川が町を流れている以外、ソルドトナには特色もなく、ごく一般的な観光客用サービス・センターとなる予定でした。

しかし、アンカレジからのアクセスの良さと利便性、そして驚くほど大きなキングサーモンが釣れるキナイ川のおかげで、ソルドトナはアラスカで最も有名なスポーツ・フィッシングのメッカとなりました。その証として、ソルドトナ・ビジター・インフォメーション・センターの壁には世界最大のスポーツ・フィッシング大会で捕られた44kgのキングサーモン・トロフィーが展示されています。1985年、地元住民のレス・アンダーソンが1時間格闘の末釣り上げた魚は大きすぎて網には収まらず、ボートを浜に乗り上げた後その巨大な魚をどうにか岸に運んだということです。

生物学者によると、遺伝学上の理由によりキナイ川のサーモンは海で1年余計に過ごすとされており、これが巨大なサイズの理由と説明しています。他のアラスカの土地では、22.6kg位の魚が、トロフィー・サーモンとされていますが、ソルドトナにおいては34kg以下のキングサーモンでは釣り人は興奮しません。このような理由からソルドトナは、夏の間、アラスカで最も「釣りバカ」が集まる地と言われており、キナイ半島では最も人口の伸びが早く現在は4061人が暮らしています。

キナイ川下流でのキングサーモンやシルバー・サーモンを狙って5月から9月にかけ大勢の釣り人が訪れるソルドトナは、旅行者を迎える設備も整っています。ガイドの数も多く、キナイ川で最高の穴場に釣り船で案内してくれます。キングサーモンを捕るのに必要な全てのものが、町のスポーツ・ショップや釣り道具店で揃えられます。

センテニアル公園キャンプ場、スウィフト・ウォーター公園キャンプ場、ソルドトナ・クリーク公園では川にアクセスしやすいように公共の釣り道を設置している他、ビシター・インフォメーション・センターの裏手には堤防釣り用の場所も用意されています。 

ソルドトナの遊歩道には、ハイキング用のトレイルや公共施設へのアクセスもあり、釣りに興味がない人でも十分に楽しめるアトラクションが数多くあります。センテニアル公園内には6エーカーにわたって広がる入植者のキャビンが展示されているソルドトナ入植者博物館がある他、キナイ国立野生動物保護センターもあります。ここは、家族連れに最適な施設で、サーモンのライフ・サイクルに関する展示や劇場での野生動物関連映画を上映するシアターもあり、週末にはアウトドア・プログラムも開催されま

Your Photos

トップアクティビティ - ソルドトナ

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK