アラスカ・ハイウェイのドライブに疲れた旅行者がユーコンのビーバー・クリーク北からアラスカに入る際に通過するトクは、第49番目の州へのゲートウェイとなります。カナダ国境から149kmに位置するこの町は、アラスカ・ハイウェイと、パーマー、アンカレジへ向かうグレン・ハイウェイの延長線であるトク・カットオフとの主要な接合点です。トクに到着した旅行者たちは、こんな極北まで来たと感動を胸に車から降り立ち、残りの旅路のパンフレットや地図、旅行情報などを車に積み込みます。

1940年代に建設キャンプとして始まって以来、この町は旅行者への交易やサービスの拠点として活用されてきました。トクから南に406km行くと、プリンス・ウィリアム湾へ、そして、同じく525km行くとアンカレジへ到着します。また、アラスカ・ハイウェイを北西に330km行くと、フェアバンクスへ着きます。さらに、タイラー・ハイウェイは、北のチキン、イーグル、ユーコン川・チャーリー川国立自然保護地区へと向かいます。

多くの旅行者がトクで最初に立ち寄るのは、トク・メインストリート・ビジター・センターです。 (Tel: 907-883-5775 )。 650平米もの広さを持つこのセンターは、アラスカ最大のログハウスと言われています。アラスカ州内外の旅行関連ブローシャー、公衆電話、トイレの他、中央棟には野生動物、砂金採り、アラスカ・ハイウェイ建設関係資料などを展示しています。 すぐ近くにあるアラスカ公共土地インフォメーション・センター(Tel: 907-883-5667) では、アラスカの公園、アウトドア活動関連の情報の提供や各種写真の展示も行っており、アラスカ山脈の大きな写真が掲示されています。

トクは「アラスカの犬ゾリの都」でもあり、ここの住民は何らかの形で、犬または犬ゾリに関わっています。夏の間は犬ゾリの子犬たちとの触れ合いを楽しめますが、11月後半から3月の間にかけては犬ゾリレースのショーで盛り上がります。町の最大イベントは、3月後半に開催される犬ゾリのチャンピオン・レースです。 素晴らしい犬たちが、アラスカ最大の原野を全力疾走する迫力ある競争レースです。

トクという町の名前の由来については、アラスカで最も活発な議論の的の一つです。米国地理調査院の説では、1901年に トク川と記録されている近所のトカイ川から名付けられたとなっており、この説を信じる人もいます。 1942年にアラスカ・ハイウェイの建設キャンプとして町が創立され、ハイウェイ建設には莫大な建設費用と運営維持費がかかり、「100万ドルのキャンプ」と異名を付けられたほどでした。 また、名前に関する説としては、本来はトウキョウ・キャンプと呼ばれていたのが、反日感情の高まりとともにトクという名前になったという説もありますし、アラスカ・ハイウェイ建設責任者であった米陸軍工兵隊に飼われていたエスキモー犬の子犬の名前がトクだったという説もあります。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK