ジョージ・パークス・ハイウェイの171km地点と213km地点の間、タルキートナ・シュプール・ロードの北27kmに位置するのがトラッパー・クリークです。人口407人の小さな町は、宿泊施設、カフェ、給油所、各種ショップなどが並んでいるだけの単なる高速道路のサービス・エリアの一つかにも見えますが、トラッパーズ・クリークは、パークス・ハイウェイから車で行けるエキサイティングなサイド・トリップを楽しめるピーターズビル・ロードへのゲートウェイでもあるのです。 

1906年にカチェ・クリークで金が発見された時、多くの金探索者たちがスシトナ駅まで訪れ、さらにトラッパー・クリークを越え新天地へと向かいました。1920年には、タルキートナからカチェ・クリークまで続く古いトレイルをアラスカ道路委員会が馬車道に変え、それが後にピーターズビル・ロードになったのです。62㎞ほどの曲がりくねったこの道は、マッキンリー山の素晴らしい景観や有名な入植地、数多くのロッジやB&Bのキャビンを抜け、トラッパー・クリークからダッチ・ヒルズへと続いています。 

291㎞地点では、この地域のテント村で暮らす数千人の鉱山労働者用にと1900年に建てられた歴史的なフォークス・ロードハウスに辿り着きます。ピーターズ・クリークの近くには、サーモンやアユ釣り、もしくは砂金採りを目的に訪れた旅行者の為のキャンプ場があり、マツー・ボローが管理しています。

また、ダラー・クリーク橋もここにあり オフロード車やマウンテン・バイク、ハイカーたちが川向うのトレイル網へ向かう際のアクセスともなっています。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK