アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

チュガッチ国立森林公園  

チュガッチ国立森林公園

アラスカ南東部のトンガス国立森林公園と姉妹関係にあるチュガッチ国立森林公園は、面積はトンガス国立森林公園の3分の1程度ですが、それでも米国内第2の広さをもつ国立森林公園です。ここでは森林、河川、湖、山岳、氷河などの素晴らしい自然景観を楽しむことができます。ニューハンプシャー州にほぼ匹敵する面積をもつチュガッチは、国有森林の中でも特に地勢的な特徴が多様です。広さ238万ヘクタールのチュガッチは、3つの特徴的な景観地帯を横断するように広がっています。プリンス・ウィリアム湾を超えてキナイ半島東部へ延び、カッパーリバー・デルタを囲むガルフ・コーストを含み、さらに東のベーリング氷河まで達します。

人の行き来する道やハイウェイを離れてハイキングを楽しみたい方には、この森林公園で目にする様々な野生動物の姿は大きな魅力です。森の各地にはブラックベアやブラウンベアが生息し、ツンドラ斜面を掘り分けたり、潮間帯でエサを探したりしています。夏も終わりに近づく頃には、渓流や河川では産卵を終えたサーモンにありついているクマたちの姿を見ることができるかもしれません。巨大なムースはキナイ半島やカッパーリバー・デルタ地帯に生息しています。ドールシープはキナイ半島の山腹に、そしてマウンテンゴートはプリンス・ウィリアム湾の急峻な斜面、カッパーリバー・デルタ、時にはポーテージ・バレーの上などで見ることができます。プリンス・ウィリアム湾でボートやカヤックを楽しむ人には、ドール・ネズミイルカやゴマフアザラシ、ラッコ、トド、シャチ、ザトウクジラなどとの出会いがあるかもしれません。

チュガッチ国立森林公園は、渡り鳥や留鳥あわせて214種類もの鳥たちの楽園です。ミツユビカモメなどの海鳥は数千羽単位で崖の斜面に営巣しています。ライチョウは高山ツンドラを動き回り、ハクトウワシは海岸線の枝で羽を休め、カンムリカケスは森の下生えで餌を探しています。これまでに北米で知られている最大のナキハクチョウの群れや、シジュウカラガンの群れすべてがカッパーリバー・デルタを聖域としています。留鳥として営巣する水鳥に加えて、春や秋になるとさらに何千羽もの渡り鳥がやって来ます。

チュガッチでは様々なフィッシングが満喫できます。ホリー・バーデンや北極カワヒメマス、5種類のパシフィック・サーモンすべてが釣れるのはもちろん、ニジマス、レイクトラウト、カットスロート・トラウトなどのフィッシングもお望みのままです。釣りポイントへも簡単に行くことができます。道路脇の湖や川は至るところにあり、ボート無しでもフィッシングでトロフィー狙いができるチャンスも豊富です。チュガッチで最も良く知られる釣り場はレッドサーモンが遡上するロシアン・リバーです。7月~8月のシーズンともなれば、ここではアングラーが土手の上で肘を突き合わせるように立ち並び、夕食のごちそうをものにしようと糸を垂れています。

チュガッチは氷河が山から直接海へこぼれ落ちるという、世界でも数少ない場所のひとつです。その源となっているバグリー・アイスフィールドと合わせると、ベーリング氷河の面積はスイスの国土より大きいのです。コロンビア氷河は世界最大の潮間氷河です。一方、ポーテージ氷河とそのベギーチ・ボッグズ・ビジターセンターは、アラスカを訪れる人たちにとって最も人気のある場所のひとつです。

TravelAlaska アプリケーション
TravelAlaska アプリケーション

マイアラスカトリップとトラベルアラスカのアプリケーションを活用して、オリジナルの旅程表を持っていきましょう。

TravelAlaska アプリケーション

TravelAlaska アプリケーション

Alaska Heritage Tours vJapanese Visit Anchorage 2014 Japan ATIAJapanese2014

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Alaska Tour & Travel
Save up to 30%, FREE transportation on packages over $480

アラスカ観光スペシャル