アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

デナリ国立公園・自然保護区  

デナリ国立公園・自然保護区

そびえ立つ花崗岩の尖頂や雪をいただく高峰を擁するデナリ国立公園・自然保護区は、256kmのアラスカ山脈をまたいで広がっており、また非常に高い標高までカバーしているため雲に隠れてしまうことも多い地域です。このスカイラインの支配者のようにそびえるのが北米の最高峰、マッキンリー山です。6194mの高みにそびえるマッキンリーは、アラスカでも最も素晴らしい自然景観のひとつです。

しかし、デナリ国立公園を特別な場所にしているのはこの山だけではありません。同公園はオオヤマネコ、マーモットやドールシープからキツネやカンジキウサギまで37種類の哺乳類の生息地となっているほか、雄姿で知られるイヌワシを含む130種類もの鳥類も確認されています。中でも観光客の多くは特に次の4種類の動物がお目当てです:ムース、カリブー、オオカミ、そして人気のグリズリーベアです。米国内の大半の国立公園・保護区と違って、このデナリ国立公園を探訪する人はバックパックを背負って野生生物を見に行く必要はありません。つまり、テントの中で一睡もせずに野生動物を待ちかまえる人たちだけが、これらの偉大な動物が自然の生息地の中で自由に動き回るのを目撃できる「一生に一度」のチャンスをものにできる、ということではないのです。

実際、ここを訪れる人たちは団体でやって来ます。この公園は年間432,000人もの観光客が訪れる人気の場所なのです。ただ一本通っている道路を車両通行禁止にするなど、ここの公園管理局(NPS)は長年にわたってユニークな来訪者管理策を採用してきました。その結果、デナリ国立公園の自然は20年前と変わらぬ状態で保たれています。入口の外見こそ変わりましたが、内部は全く変わっていません・・・公園が1917年にオープンした当時と同じようにブラウンベアがツンドラの尾根を動き回っているさまはスリル満点です。

現在公園地域となっている荒野で、ネイティブのアサバスカンの人々は昔から移動しながら狩猟生活を送ってきましたが、最初の定住集落ができたのはゴールドラッシュによってカンティシュナの町ができた1905年のことでした。その1年後、ナチュラリストで著名なハンターでもあったチャールズ・シェルドンは、この土地の美しさに驚嘆し、同時に金鉱夫や大物狙いのハンターたちが自然を荒らし放題に荒らすことに深く胸を痛めました。国立公園用の境界を定めるため、シェルドンはガイドのハリー・カーステンを伴って1907年にこの地域を再び訪れ、調査旅行をしました。シェルドンは見事成功をおさめました。なぜならば、カーステンを初代管理責任者として、この地域が1917年にマッキンリー山国立公園に指定されたからです。また1980年にアラスカ国有地保護法が制定されたのを受け、同公園の面積は240万ヘクタール以上にまで拡大され、名前もデナリ国立公園・自然保護区と改称されました。今日、デナリはマサチューセッツ州より少し大きい面積をもち、アラスカを代表する素晴らしい観光資源の一つとされています。

TravelAlaska アプリケーション
TravelAlaska アプリケーション

マイアラスカトリップとトラベルアラスカのアプリケーションを活用して、オリジナルの旅程表を持っていきましょう。

TravelAlaska アプリケーション

TravelAlaska アプリケーション

Alaska Heritage Tours vJapanese Standard Banner Visit Anchorage 2014 Japan

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Visit Anchorage
Alaska vacation packages for less at Anchorage.net

アラスカ観光スペシャル