アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

カトマイ国立公園・自然保護区  

カトマイ国立公園・自然保護区

1912年、アラスカ半島のノバルプタ火山が大噴火し、現在カトマイ国立公園・自然保護区となっている一帯を火砕流で襲いました。荒野一帯は、煙が立ち上る谷、火山灰に覆われた山々、蒸気やガスを吐く小さな穴や裂け目などから成るダイナミックな景観へと変わりました。歴史上これを上回る火山灰と火山石を降らせた例は、紀元前1500年にギリシャのサントリニ島の噴火だけです。4年後にカトマイ峠に登った探検家、ロバート・グリッグが、谷間にあいた数千もの噴気孔から蒸気が噴き上がるのを目撃した最初の人間です。彼はこれを「1万本の煙の谷」と名付け、カトマイを国定天然記念物にしようという運動の中心となりました。1980年、この国定天然記念物の面積は168万ヘクタールにまで拡大され、国立公園・自然保護区に指定されました。

今日では噴気孔はもう煙も音も出しておらず、公園は2,000頭以上もいるブラウンベアたちの生息地として知られています。クマ観察のピークシーズン(7月)には大勢の観光客がブルックス川を訪れ、クマたちがサケを獲る光景をわずか30m弱の距離から観察しています。またカトマイには、アラグナク・ワイルドリバーやいくつかの大きい湖があります。中でもナクネク湖が一番大きく、5種類のパシフィック・サーモンをはじめ、ニジマス、北極イワナ、北極カワヒメマス、カワカマスなどが生息し、アングラーの間では有名です。またラフティング、「1万本の煙の谷」ハイキング、バックカントリーでのキャンプ、多くの湖や川が連なるサボノスキー・ループでのカヤックなど、釣り以外のアクティビティも豊富です。公園と町をつなぐ道路が1本も無いので、カトマイを訪れる際は周到な計画、余裕のある旅行費用、そして何日にも及ぶ滞在には事前の予約が必要です。クマ観察ツアー・パッケージは、日帰りツアーからあり、コディアック、ホーマー、アンカレジで手配することができます。

TravelAlaska アプリケーション
TravelAlaska アプリケーション

マイアラスカトリップとトラベルアラスカのアプリケーションを活用して、オリジナルの旅程表を持っていきましょう。

TravelAlaska アプリケーション

TravelAlaska アプリケーション

ATIAJapanese2014 Standard Banner Alaska Heritage Tours vJapanese

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Un-Cruise Adventures
Alaska Adventure Cruises - Request Your Free Brochure!

アラスカ観光スペシャル