アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

クロンダイク・ゴールドラッシュ国立歴史公園  

クロンダイク・ゴールドラッシュ国立歴史公園

氷河でえぐられた谷、いく筋もの水の流れ、浮氷群、そして驚嘆すべき景観の数々がクロンダイク・ゴールドラッシュ国立歴史公園を形作っています。これらがかつて人々を金への夢に駆り立てたゴールドラッシュの舞台です。1897年~1898年のゴールドラッシュを記念して造られた広さ5,280ヘクタールのこの公園は、ゴーストタウンで知られるダイアや有名なチルクート&ホワイトパス・トレイルに近い町、スキャグウェイの6ブロックから成る歴史地区を含んでいます。

1896年にボナンザ入江で金が発見された時、ユーコン・テリトリーのドーソンシティ、スキャグウェイやダイアはゴールドラッシュで押し寄せた4万人以上の人々(主としてチルクート・トレイル経由でカナダへ向かった)の出発地点となりました。実際のラッシュはわずか数年しか続きませんでしたが、このゴールドラッシュはアラスカの歴史の中でも特に賑やかな時代のひとつ – 悪党「ソーピィ」スミス(最後は町の英雄、フランク・リードとのガンファイトで権力の座から引きずり降ろされた)によって支配された無法な辺境の町 – を生み出しました。ゴールドラッシュの最盛期には、アイルランド系の請負業者、マイケル・J・ヘニーが、「ホワイトパス・トレイルに沿ってホワイトホースまで鉄道を建設してみせる」と英国の投資家たちを説得しました。火薬とつるはし程度の装備で建設されたホワイトパス・ユーコン・ルートは、海抜0mから860mをわずか32kmで結んだもので、世界で最も急峻な鉄道のひとつです。

今日クロンダイク・ゴールドラッシュ国立歴史公園は遊覧船クルーズの立ち寄り地として年間85万人もの観光客が訪れ、アラスカでも最も人気の高い公園のひとつとなっています。歴史とアウトドア・アドベンチャーのユニークなバランスがこの公園の魅力です。スキャグウェイの街路沿いには数多くの歴史的な店や酒場、公共建築物などが立ち並んでいますが、そのうち15軒は国立公園管理局が復原したものです。隣接する町、ダイアでは、かつてスキャグウェイと同じ規模だったこの町がどのようにゴールドラッシュの終焉の後にゴーストタウンとなったかを物語っています。とは言っても、今でもダイアはアラスカで最も人気の高いバックパッキング・ルートとして有名なチルクート・トレイル(53km)への出発点となっています。この他アウトドア・アクティビティとしてはキャンピング、ラフティング、野生動物ウォッチング、ハイキング、フィッシング、歴史探訪ツアーなどがあります。

TravelAlaska アプリケーション
TravelAlaska アプリケーション

マイアラスカトリップとトラベルアラスカのアプリケーションを活用して、オリジナルの旅程表を持っていきましょう。

TravelAlaska アプリケーション

TravelAlaska アプリケーション

Alaska Heritage Tours vJapanese Visit Anchorage 2014 Japan Standard Banner

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Visit Anchorage
Save on your Alaska adventure. Visit Anchorage.net

アラスカ観光スペシャル