アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

コディアック地区の州立公園  

コディアック地区の州立公園

面積9,500㎢のコディアックはアラスカでは最大、米国全体でもハワイのビッグアイランドに次いで第2の大きさをもつ島です。コディアック島内や周辺には州立公園や州立レクリエーションサイトが6つあり、第二次世界大戦の戦跡見学や公設キャビンの利用からホエール・ウォッチングやサーモン・フィッシングまで多彩な観光魅力を提供しています。

このエリアの公園の中で30,000ヘクタールを超える最大規模を誇るのがコディアック市の北46kmにあるアフォグナク島州立公園で、次いで北100kmにある面積18,800ヘクタールのシュヤク島州立公園がこれに続きます。市街地周辺でも、面積74.5ヘクタールのフォート・アバークロンビー州立歴史公園、67ヘクタールのバスキン・リバー州立レクリエーションサイト、コディアック市街地の東わずか3.2kmのウッディ島北端にある45ヘクタール.のウッディ島州立レクリエーションサイトがあります。市街地の南西72km、コディアックのロードシステム沿いには10ヘクタールのパサグシャク・リバー州立レクリエーションサイトがあります。

コディアックで最も人気の高い州立公園は、8インチ砲2基を完備した軍事要塞、フォート・アバークロンビー州立歴史公園です。この要塞は第二次世界大戦中の1941年、日本軍の侵攻(結局は無かったが)に備えてコディアック海軍航空基地とフォート・グリーリー守備隊を護るため、米国陸軍によって建設されたものです。この古い要塞は美しいモナシュカ湾を望む断崖の上に堂々たる威容を見せて立っています。歴史散策ツアーはガイド付きでも単独でも楽しむことができます。砲床の据え付けと同じくらい面白いのが公園一帯の岩の海岸線沿いにあるいくつもの潮溜まりです。潮溜まりでの海の生き物探しで楽しい午後を過ごすことができます。初夏にはコククジラやザトウクジラ、ミンククジラがホエール・パッセージを通って行くのを見ることができます。またフォート・アバークロンビー州立歴史公園にはキャンプ場が13ヶ所あります。これはテントを張って過ごす人たちのもので、公園への道が狭くて十分に整備されていないためトレーラーやモーターホームがなかなか公園内へ入ってきにくいからです。

 バスキン・リバー州立レクリエーションサイトは市の南西、空港の近くにあり、2つのピクニック避難所に沿って15サイトのキャンプ場があります。ガイド無しのネイチャー・トレイル歩きやバスキン川でのサーモン・フィッシングが楽しめます。バスキン川はコディアックのロードシステム沿いでは最も魚が沢山獲れる川のひとつです。このため身体の不自由な人でも気軽に利用できるフィッシング・デッキが川岸に用意されています。さらに南へ行くとパサグシャク・リバー州立レクリエーションサイトがあります。この公園はパサグシャク川の下流部でもアクティビティを楽しめるようにと1980年に設けられました。山々に囲まれたパサグシャク川は、夏と秋、シルバーサーモンが遡上する季節にスポーツ・フィッシングの醍醐味を堪能することができます。公園内には15サイトのキャンプ場がありますが、設備としては飲料水を得るための手押しポンプの井戸と簡易トイレがあるだけです。

アフォグナク島とシュヤク島はいずれもウィルダネスの州立公園ですから、アクセスの手段は水上飛行機だけです。公設キャビンがアフォグナク島に2ヶ所、シュヤク島に4ヶ所と公共ビジター施設は限られていますが、民営のフィッシング・ロッジは多くあります。これらの島内での主なアクティビティはハンティング、フィッシングとカヤックです。

TravelAlaska アプリケーション
TravelAlaska アプリケーション

マイアラスカトリップとトラベルアラスカのアプリケーションを活用して、オリジナルの旅程表を持っていきましょう。

TravelAlaska アプリケーション

TravelAlaska アプリケーション

Alaska Heritage Tours vJapanese Visit Anchorage 2014 Japan Standard Banner

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Alaska Tour & Travel
KANTISHNA ROADHOUSE DENALI SPECIAL

アラスカ観光スペシャル