アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

コディアック国立野生生物保護区  

Stellar sea lions on Kodiak Island
旅行計画を立てる
コディアック国立野生生物保護区

コディアック島の南3分の2、バン島とウガニク島全体、そしてアフォグナク島の一部をカバーする広さ76万ヘクタール.のコディアック国立野生生物保護区は、アラスカブラウンベアの主要生息地です。1941年に保護区に指定されたこの地域は自然景観が壮大なだけでなく、その野生生物生息地は急峻な山々から高山草地、湿地、エゾマツの森林、草原にいたるまで極めて多様です。保護区内はどこでも太平洋から24km以内にあり、山々はフィヨルドのような入江に縁どられた海岸線から1,200mの高さまでそびえています。

ブラウンベアの亜種、コディアックベアは世界最大の陸上肉食動物です。オスは普通360kg以上あり、675kgを超える体重のものも報告されています。メスの体重は普通180kg~270kgです。この保護区に生息する頭数は推定2,300頭で、世界有数の密度と言われています。7月中旬から9月中旬にかけてクマたちは渓流に集まってきて、産卵するサケを腹一杯に詰め込みます。サケの群れが余りに多いので、しばしば熊たちは選り好みしてメスだけ、それも卵を抱えた腹の部分だけを狙うことさえあります。

保護区では鳥類も豊富です。250種以上の鳥がここに生息あるいは渡ってきます。150万羽以上もの海鳥がコディアック島の沿岸水域で冬を過ごします。また保護区で営巣するワシのつがいは600を超えます。サケの遡上する渓流は117本を数え、険しいフィヨルドや氷河の深い谷、そして海へ流れ込んでします。サケは5種類のパシフィック・サーモンすべてがおり、コディアック島のサケ漁獲高の65%を占めています。

保護区はベアウォッチングや大物ブラウンベアの狩猟が見られる地として有名な一方、カールク川やアヤクリク川はサーモンやニジマスフィッシングの絶好の場として世界的に知られています。他にもカヤック、ラフティング、キャンピングなどのアクティビティが楽しめます。

コディアック島の気候は相当量の降雨、低温、曇天の日が多いなど、海の影響を強く受けています。このため、年間を通じて低体温症には気をつける必要があります。

TravelAlaska アプリケーション
TravelAlaska アプリケーション

マイアラスカトリップとトラベルアラスカのアプリケーションを活用して、オリジナルの旅程表を持っていきましょう。

TravelAlaska アプリケーション

TravelAlaska アプリケーション

Standard Banner Visit Anchorage 2014 Japan ATIAJapanese2014

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Alaska Tour & Travel
FREE PRIME RIB & SALMON BUFFET WITH KENAI FJORDS NATIONAL PARK DAY CRUISE

アラスカ観光スペシャル