アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

メンデンホール湿地州立鳥獣保護区  

メンデンホール湿地州立鳥獣保護区

メンデンホール湿地州立鳥獣保護区はガスティノー海峡の岸辺に沿ってジュノー市街地と空港の間14.4kmに広がる1,600ヘクタールの面積を占めています。この保護区は、周囲の山々から流れ出している無数の細流によって形成された一連の入江から成っています。これらの細流の淡水はガスティノー海峡の海水に流れ込んで混じり合い、地上植物と水性植物の双方にとって豊かな環境を生み出し、また留鳥はもとより遥か北の繁殖地との間を往復する渡り鳥にとっても格好の生息地となっています。この保護区で営巣する種は少ないものの、4月から5月にかけてと8月下旬から9月末にかけてこのエリアでの鳥たちの活動は活発です。

 17本の細流が流れ込んでいるメンデンホール湿地は、サーモンやマス、その他多くの魚にとって主な産卵地となっています。保護区はまたシトカ・オグロジカ、ブラックベア、ジャコウネズミ、カワウソ、ミンク、カンジキウサギ、ヤマアラシなどさまざまな生物に住みかを提供しています。沖合でも保護区の範囲内でフイリアザラシや北トド、ザトウクジラなどを見ることができます。

保護区は年間を通じて素晴らしいレクリエーションの場でもあります。水鳥ハンティング、ハイキング、野生生物ウォッチング、写真撮影、ボート、フィッシングなどが人気のアクティビティです。保護区の渓流でフィッシングを楽しむアングラーにとって一番なじみのある獲物はコーホー・サーモンで、次いでマス、ベニザケ、ドリー・バーデンなどが続きます。水鳥ハンターはメンデンホール湿地で年間3,000羽以上をしとめています。

TravelAlaska アプリケーション
TravelAlaska アプリケーション

マイアラスカトリップとトラベルアラスカのアプリケーションを活用して、オリジナルの旅程表を持っていきましょう。

TravelAlaska アプリケーション

TravelAlaska アプリケーション

Visit Anchorage 2014 Japan ATIAJapanese2014 Alaska Heritage Tours vJapanese

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

AlaskaTrain.com
RIDE THE WILDERNESS EXPRESS LUXURY DOME RAILCARS TO DENALI AND SAVE!

アラスカ観光スペシャル