アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

トンガス国立森林公園  

トンガス国立森林公園

米国最大の規模を誇るトンガス国立森林公園の名称は、クリンギット・インディアンのトンガス族に由来しています。この森林公園が設立された発端は、セオドア・ルーズベルト大統領がアレキサンダー・アーキペラゴ森林保護区を設定した1902年にさかのぼります。同保護区は1908年に拡大されました。今日、676万ヘクタールのトンガス国立森林公園は、太平洋岸からブリティッシュ・コロンビアと境を接する内陸部氷原まで、そしてプリンスオブウエールズ島の南端から800km北のマラスピナ氷河まで広がっています。アラスカ南東部の80%以上はトンガスに含まれ、また無数の島々、フィヨルド、湾などを合せるとその海岸線の長さは17,600kmと、北米の海岸線総延長の約半分にも及びます。トンガスの広大な沿岸多雨林を形成する樹種としてはツガ、エゾマツ、エンピツビャクシン、アラスカヒノキなどがあります。針葉樹の巨木の下には若い常緑樹をはじめ、アメリカはりぶき、ブルーベリー、ハックルベリーなどの灌木が見られます。苔やシダ類は地面を、地衣類は多くの樹木を覆っています。

 トンガス全域では野生動物が豊富におり、シトカ・オグロジカとその捕食動物であるオオカミとブラウンベアはこの公園を生息地にしています。ブラックベアやマウンテンゴート、ムースなどもよく見かけます。   ドール・ネズミイルカやネズミイルカ、ヘアアザラシ、ザトウクジラ、ミンククジラ、シャチ、そしてその頭数を増しているラッコなどの海洋哺乳類は沿岸海域で見られます。海域はハリバットや全5種類のパシフィック・サーモンで溢れています。ハクトウワシの生息数は世界中どこよりも多いと言われています。

世界最大の温帯雨林を擁するとは言っても、トンガス国立森林公園の面積のほぼ半分は氷、水、湿地、岩などに覆われています。有名な小氷原はメンデンホール氷河です。これが「ドライブイン氷河」として知られているのは、ジュノー市街地から舗道沿いにわずか21kmほどしか離れていないからです。ピーターズバーグあるいはランゲルからボートに乗れば、アメリカ大陸最南端の潮間氷河、ルコンテ氷河の正面近くに出ます。ヤクタットの48km北には、世界最長の潮間氷河であり、アラスカで最も活動的なハッバード氷河があります。全長122kmのこの氷河は、これまでに7回もラッセル・フィヨルドを超えて流れ出ましたが、一番最近は2008年のことでした。幅約13kmのこの氷河の前を流れる激流が余りに強力なため、ハッバード氷河はほぼ継続的に氷塊を分離し続けています。

トンガス公園は1,411㎢のラッセルフィヨルド・ウイルダネスをはじめとする19の原生自然エリアの他、アドミラルティ島国定天然記念物、グレイシャー・ベイ国立公園・自然保護区を含んでいますが、ヘインズやスキャグウェイ周辺の一般エリアはこの国立森林公園には含まれていません。

TravelAlaska アプリケーション
TravelAlaska アプリケーション

マイアラスカトリップとトラベルアラスカのアプリケーションを活用して、オリジナルの旅程表を持っていきましょう。

TravelAlaska アプリケーション

TravelAlaska アプリケーション

Visit Anchorage 2014 Japan Standard Banner ATIAJapanese2014

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Baranof Fishing Excursions
Alaska Fishing for Salmon and Halibut

アラスカ観光スペシャル