アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

ランゲル・セントアライアス国立公園・自然保護区  

旅行計画を立てる
ランゲル・セントアライアス国立公園・自然保護区

ランゲル・セントアライアス国立公園・自然保護区は、米国の国立公園システムの中でも最大の構成単位で、そのトレードマークとなっている高峰や巨大な氷河は壮観そのものです。1980年に国立公園に指定されたランゲル・セントアライアスは、アラスカの南部中央に528万ヘクタール.を占めています。カナダのクルア二国立公園に境を接しており、両方を合わせると総面積は800万ヘクタールにも及び、現在世界に残されている中では最大級の公園・自然保護区地帯となります。このため2つの公園は1979年にユネスコの世界遺産に認定されまました。

ランゲル・セントアライアスでは4つの大山脈 – チュガッチ、ランゲル、セントアライアス、そしてアラスカ山脈の東端 – がイエローストーン国立公園を6つ合わせたエリアの中に集中し、山々の十字路を成しています。セントアライアス山脈は公園の中心部でランゲル山脈と合流した後、カナダ国境を越えて東方へ弧を描くように延び、そこで世界で最も高い沿岸山脈を形成します。公園の区域内には米国の最高峰上位16の内9つがそびえています。米国第2の高峰、セントアライアス山(5492m)、ボナ山(5008m)、ブラックバーン山(4999m)、サンフォード山(4952m)などです。公園の地勢は氷(河)に覆われた山々の頂から北の方へと下っていき、樹木の無いツンドラや北方針葉樹林に覆われた高原へと変わります。一方南側は、山脈からの氷河がほぼアラスカ湾の潮水まで伸びています。

野生動物は、高山帯ではドールシープやマウンテンゴート、ランゲル山脈周辺から北ではカリブー、沼地ややぶの生い茂る低地ではムースなどの姿をみることができます。 1950年にバイソンがカッパーリバー・バレーに、そして1962年にはチティナリバー・バレーに放たれた結果、残存するバイソンの群れが今日もこれらの地域で見られます。ブラックベアやブラウンベアは公園内の随所で歩き回っています。チティナから96kmの範囲内では、マッカーシー・ロードがケニコット川にかかる歩行用の橋で終わります。向こうには、この公園の見どころのひとつで国定史跡でもあるケネコット鉱山町の跡がありますが、今では人影はありません。1900年に、ここで銅が発見されると、裕福な投資家たちがケネコット鉱山会社(事務系社員がケニコットのスペルを間違ってケネコットとしたのがそのまま社名になりました)を設立し、カッパーリバー&ノースウエスト鉄道(有名なミリオンダラー鉄橋を含む)を建設して会社の鉱山町、ケネコットを造りました。この鉱山は1911年から1938年までの間に1億ドル以上もの生産をあげ、米国の歴史にも特筆される大鉱脈となりました。この企業町ではギャンブルも飲酒も禁止されていたため、鉱山労働者が酒場、レストラン、ホテルや賭博場で「酒と女と歌」にありつけるよう、近くにマッカーシーの町がすぐに生まれました。今でもケネコットやマッカーシーには当時の建物が残っており、20世紀初頭の銅鉱山町の様子を彷彿とさせています。

鉱山町探訪以外にも、アクティビティとしてはバックパッキング、ハイキング、マウンテンバイク、バードウォッチング、キャンピング、スポーツ・フィッシング、登山、アイス・クライミング、野生動物観察、遊覧飛行など様々です。冬季にはクロスカントリー・スキー、スノーモービル、スノーシューなどが楽しめます。

TravelAlaska アプリケーション
TravelAlaska アプリケーション

マイアラスカトリップとトラベルアラスカのアプリケーションを活用して、オリジナルの旅程表を持っていきましょう。

TravelAlaska アプリケーション

TravelAlaska アプリケーション

Visit Anchorage 2014 Japan Alaska Heritage Tours vJapanese Standard Banner

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Visit Anchorage
Save on your Alaska adventure. Visit Anchorage.net

アラスカ観光スペシャル