原生多雨林地帯、高山ツンドラ、岩だらけの海岸線など40万ヘクタールに及ぶ広さをもつアドミラルティ島国定天然記念物の一帯は、何世紀もの間クリンギット族にとっての故郷であり、それよりはるか昔からブラウンベアの生息地となってきました。クリンギット族の人々はこの島を「クマたちの要塞」を意味する「クーツヌーウー」と呼んでいます。実に的確な名称です。

面積382,460ヘクタールのアドミラルティ島国定天然記念物には、約1,600頭のブラウンベアが生息していますが、これは世界最高の密度であるばかりか、頭数は米国の他の州を全部合わせたものより多いといいますから驚きです。また、この島はハクトウワシの営巣密度でも世界一です。アドミラルティ島には5,000羽ものワシが生息しており、セイムア・カナル沿いの海岸線では平均1マイル(1.6km)ごとにワシの巣が1つあると言われています。

アドミラルティ島にはその他にもさまざまな野生生物がいます。ミッチェル、フード、ホワイトウォ-ター、チェイクなどの湾にはフイリアザラシ、ネズミイルカ、トドなど。ザトウクジラはセイムア・カナルでしばしば目撃されます。シトカ・オグロジカは数多く生息し、また渓流では7月から8月にかけて産卵する5種類のパシフィック・サーモンで溢れています。

ジュノーの南西24kmにあるアドミラルティ島は東と北をスティーヴンス水路に接し、西はチャタム海峡、南はフレデリック・サウンドに接しています。アドミラルティは急峻な島で、ツンドラあるいは永久氷原に覆われた1,400m前後の山々がそびえています。数々の湖や河川、沼地などがシトカ・エゾマツやツガの沿岸雨林地帯に点在しています。この国定天然記念物の面積の90%はクーツヌーウー・ウイルダネスに指定されており、一方、島の西側のミッチェル湾の口には住民の大半がクリンギット族で占められているアングーンという集落がポツンとひとつあるだけです。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK