1939年、米国軍は日本軍による攻撃に備えてダッチハーバー・ウナラスカの防備の強化を始めましたが、日本軍の攻撃は1942年6月3日と4日に現実のものとなりました。この2日間にわたる空爆で、このアリューシャンの島は甚大な被害を受けただけでなく、第二次大戦中に空爆を受けた米国領土内の2つの場所のうちの一つとなったわけです。同年、日本軍はその軍事行動を続け、西部アリューシャン列島の2つの島に侵入し、これらを占領しました。米国軍が1943年にこれらの島を奪回するに際しては激烈な戦闘が繰り広げられ、米国領土内で戦われた戦闘としては1812年以来初のものとなりました。第二次大戦史の中でもほとんど忘れられていたこの1章は、その後「忘れられた戦争」として知られることになり、この出来事を記念して1996年、広さ53ヘクタールのアリューシャン第二次世界大戦国定歴史地域が指定されました。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK