アラスカ・チルカット・ハクトウワシ保護区は、世界最大のハクトウワシの群れを保護するためアラスカ州が1982年にチルカット川、クレイニ川、チルク川沿いの地域19,200㎢を保護区にしたことで生まれました。保護区内は年間を通じてどこでもワシが自由に使いますが、10月から2月にかけての期間、遅くやって来るサーモンが産卵するのを獲るため3,000羽以上のワシがチルカット川へ集まります。これは下から湧いてくる温かい水が川を凍結から防ぐため、サーモンが遡上できるからです。何百羽ものワシが川岸の裸の木の枝、時には一本の枝に6羽以上もとまっている光景はめったに見られるものではありません。

 夏季でも、この保護区はアラスカ南東部でワシを見るには絶好の地です。年間を通して常に200~400羽のワシがチルカット・バレーに住みついており、保護区だけでも80以上ものワシの巣が観察されています。秋の渡りが始まる10月までには、ワシたちは子育てを終えていますが、まだ成長しきっていない幼鳥は1年あるいはそれ以上ここに留まります。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK