キナイ半島西部に長く幅広い地域を占める面積80万㎢のキナイ国立野生動物保護区は、キナイ山脈の西側山腹、クック入江に沿った森林低地、河川、湿地帯、湖沼などを含んでいます。東をチュガッチ国立森林公園、南東をキナイ・フィヨルド国立公園、そして南をカチェマック湾州立公園と境界を接するこの野生動物保護区は、営利目的に行われていた狩猟からムースを保護するために 1941年にフランクリン・ルーズベルト大統領が保護区を設定した当時は、キナイ国立ムース・レンジと呼ばれていました。ムース・レンジは1980年に改称・拡大され、今日のキナイ国立野生動物保護区となりました。アラスカ州内でも最もアクセスし易い立地条件に恵まれた保護区であるため来訪者の数も最も多く、毎年50万人以上の観光客を集めています。

マウンテンゴート、ドールシープ、カリブー、クズリ(イタチ科)などの生息地となっている樹木の無い高山・亜高山ゾーンから、ムース、オオカミ、ブラックベア、ブラウンベア、オオヤマネコなどが住む低地の北方針葉樹林帯まで、キナイ国立野生動物保護区にはいくつもの異なる動物生息環境があります。森林地帯に穴をあけるように点在しているのが数多くの湖沼やキナイ川をはじめとする河川です。キナイ川はキングサーモンの漁場として世界的に有名で、サケ類の中でも世界最大の同種を支えています。スポーツ・フィッシングで釣り上げられたキングサーモンの世界記録は、1985年にキナイ川で獲れた44.1kgものです。

保護区内最大の湖、タスツメナ湖は29,600ヘクタールの広さです。しかしカヌーを楽しむパドラーの間で最も人気のあるのは、美しく起伏する自然景観の中を約120kmにわたって湖やウォータートレイルが続くキナイ国立野生動物保護区カヌー・トレイル・システムです。米国内に2ヶ所しかない野生のカヌー・ルートのうちの一つで、このルートはさらに2つに分かれています。人気が高い方のスワンレイク・ルートは全長96km、内包する湖は30あり、ムース川へとながっています。もう一方のスワンソンリバー・ルートは全長128km、40の湖とクック入江に注ぐ74kmのスワンソン川から成ります。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK