アラスカ北西部に位置する面積68万ヘクタール.のコバック・バレー国立公園は、ベアード山脈とワーリング山脈によって囲まれたコバック川中流部の広大な渓谷を占めています。コッツビューの東120kmにある半分囲まれたボール形のこの公園の見どころは、いくつかのユニークな特徴的な地形と、アラスカの奇観のひとつとして知られるコバック大砂丘があります。

65㎢のコバック大砂丘、オニオン・ポーテージに近いコバック小砂丘、そしてハント・リバー砂丘がコバック・バレー南部の大半をカバーし、北極地方最大の砂丘地帯を形成しています。氷河の破砕作用によって砂となり風によって形作られたこれらの砂丘は、30mの高さにまで立ち上がり、植生によって安定しています。コバック川からカベット入江に沿って約1時間かけてハイキングすると、砂丘に辿り着きます。砂丘は北極圏の緯線の64km上にありますが、夏季の気温は37℃を超えることもあります。

コバック・バレーは北方針葉樹林帯と北極ツンドラの遷移ゾーンをまたいで西はチュクチ海方面まで広がっています。北方針葉樹林帯はその北限、ツンドラの厚い凍土層では開けた灌木林帯となります。西部北極カリブーの群れ(アラスカで最大の49万頭)は、移動時期になるとブルックス山脈北側斜面の繁殖地から同山脈の南側へ越冬するため、この公園を通って行きます。

コバック川の一部もこの公園の中を流れています。その絶壁は高さ45mに達するものもあり、永久凍土層のアイスウエッジや氷河期の哺乳類の化石を保持しています。ゆったりと流れるコバック川での水上フロート・トリップは、さまざまな野生動物の生息地となっている美しい針葉樹林を見ながら大自然を楽しむには最高です。その他のアクティビティとしてはバックパッキング、フィッシング、犬ゾリ、ハイキング、ボーティングなどがあります。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK