面積わずか45.2ヘクタールのシトカ国立歴史公園は、アラスカで最も小さい国立公園ですが、景観の美しさや興味をそそるような歴史が無いわけではありません。インディアン川の河口に位置し、シトカの中心部から歩いても行ける距離にあるこの公園は、クリンギット族が1804年、木造の砦に1週間たてこもってロシア人と戦った後ついに敗北した史跡を保存しています。ロシア人は、クリンギット族が2年前に近くのロシア人居留地を襲撃した事件の復讐を果たすために4隻の軍船でやってきたのでした。ロシアの大砲はクリンギットの砦の壁にさほどの損害を与えることができず、ロシア人兵士がアリュート族の助けを得て砦に押し寄せた際も、血みどろの戦闘の後に撃退されました。火薬と火打石が底をついたためクリンギット族が夜陰にまぎれて砦から逃れて、ロシア人は初めてもぬけの殻になった砦に入ることができたのでした。

この地区は1910年に国立記念物に、さらにシトカの戦いを記念するため1972年にシトカ国立歴史公園に指定されました。この戦跡を保存するにあたり、緑豊かな多雨林と、近くの島々をちりばめた海域へと続く岩の多い海岸線や、シトカをアラスカでも最も美しいシーサイド・タウンのひとつにしている周囲の山々も公園地域に編入されました。このような背景やクリンギットの民俗文化とロシアの歴史とのユニークな混交があいまって、このシトカ国立歴史公園をアラスカでも極めてめずらしい国立公園にしています。