1808年から1867年までアラスカのロシア統治領であったシトカでは、新アーケンジェル・ダンサーズが今でもロシアの精神を受け継いでいます。また、聖ミカエル教会やロシア僧正の家などにも、ロシア時代の面影が偲ばれます。シェルドン・ジャクソン博物館、シトカ国立歴史公園にあるトーテムポールやカルチャーセンターには、アラスカ先住民の工芸品や生活用具などが展示されています。       また、アラスカ猛禽類センターでは、ワシをはじめとする様々な野鳥の姿を目近でみることができます。

Northern Region: 町と都市

Northern Region: 国立公園

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK