フェアバンクス

時は1902年、フェリックス・ペドロがこの土地に金を発見したのをきっかけに、一攫千金を夢見る多くの試掘者が「母なる鉱脈」を目指してこの地に押し寄せてきました。それから一世紀ほどして、フェアバンクス(人口30,244人)は、中央アラスカと極北アラスカの貿易と輸送の拠点と栄えるようになりました。5月中旬から7月にかけては、1日20時間以上にわたり沈まぬ太陽を楽しむことができます。

Fairbanks: 町と都市

Fairbanks: 国立公園

旅行計画を立てる - フェアバンクス

詳しくはこちら - 中央アラスカ