アンカレジの北約72㎞に位置するマツーバレーは、1935年のニューディール政策救済プログラムにより米国中西部から移り住んだ家族が定住集落を構えたことに始まる肥沃な大地が広がる所です。 その肥沃な大地とふんだんに降り注ぐ夏の太陽の恵みにより、野菜は見事な大きさに育ちます。アラスカで記録に残るキャベツの重さは、なんと48㎏です! ただし、巨大野菜は、毎年8月にパーマーで開催されるステートフェアー(州祭り)での呼び物の一つに過ぎません。

Mat Su Valley: 町と都市

Mat Su Valley: 国立公園

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK