アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu
アラスカのベアカントリーを旅する
アラスカのベアカントリーを旅する

アンカレジ、ホーマー、コディアック

1日目:アンカレジ
アラスカサイズのアドベンチャーは、アンカレジから始めましょう。レイク・フッド水上飛行機基地や近くのアラスカ航空遺産博物館を訪れ、アラスカの空を切り拓いた飛行士たちについて学びます。レイク・フッドからは遊覧飛行でチュガッチ山脈を越え、近くの氷河やとっておきのフィッシングスポットへ行くか、もし天気が良ければ数百キロ南方に聳えるマッキンリー山の姿を見に行きます。アンカレジ市内のツアーオペレーター数社でも、アイスクライミングや氷河トレッキングツアーを提供しています。一日のアドベンチャーが終わったら、市内のビールパブでのくつろぎのひと時、レストランでの夕食、あるいはおいしいアラスカ地ビールの試飲などを楽しみます。

2日目:ホーマー
飛行機でホーマーへ飛びます。ホーマーはカチェマック湾の素晴らしい景観に恵まれています。近くには同じ名前の州立公園があり、多彩な野外レジャーが楽しめます。ホーマーは、海へ7キロ余りも突き出したホーマー・スピットと呼ばれる砂洲があることでも知られています。この砂洲ではレストラン、土産物店、スポーツ用品店、フィッシングボート用船業者その他観光客相手のサービス業者が軒を並べています。旅行客はこの砂洲の上でキャンプしても良し、ホーマー市街地のホテル、ロッジ、民宿(B&B)で泊ることもできます。デイクルーズやチャーターボートでのフィッシング、カヤックツアーなどでカチェマック湾の魅力を満喫し、あるいはベアウォッチングツアーに参加して、自然が生み出したこの偉大な動物をその目で直にご覧ください。アラスカ・アイランド&オーシャン・ビジター・センターに立ち寄ったり、ダウンタウンに数あるレストランやショップでくつろいだりするのもいいでしょう。

3日目:コディアック
コディアックからチャーター便、もしくは遊覧飛行でアラスカ半島のカトマイ国立公園・自然保護区へ飛び、西南アラスカの手付かずの大自然を探訪します。同公園内には約2,000頭のクマが生息しており、有名なブルックス・キャンプには観察台やトレイル、国立公園ビジターセンターなどがあります。ブルックス・キャンプへの立ち入りは厳しく規制されていますので早目に予約し、巨大なグリズリーベアが川の中からサケをキャッチしたり、生まれて間もない子グマが近くでじゃれあっている姿を目撃するという、一生に一度のチャンスをお見逃しなく。コディアックに戻れば、第二次世界大戦期に建設された海軍の駐屯地、フォート・アバークロンビー州立公園が歴史ファンを楽しませてくれます。またコディアックはフィッシング天国としても有名です。アラスカならではの獲物をリールで引き上げたいと意気込んで訪れるアングラーのために、さまざまなチャーターフィッシングの機会が用意されています。飛行機かアラスカ・マリン・ハイウェイのフェリーでホーマーに戻るか、コディアックから空路で直接アンカレジに戻ります。

野生動物についての注意:クマ観察ツアーは夏季、特に7月から9月にかけてがベストシーズンです。クマを見る場合は、敬意を払い、安全な距離を確保することをお忘れなく。アラスカのベア・カントリーを旅する場合は、事前に「クマを安全に観察するための注意事項」をお読みください。

 

Standard Banner ATIAJapanese2014 Visit Anchorage 2014 Japan

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Visit Anchorage
Save on your Alaska adventure. Visit Anchorage.net

アラスカ観光スペシャル