北緯66度33分の北極圏を通過する際、パイロットはわざと機体を微かに揺らし、乗客である旅行者に知らせるという伝説があります。アラスカ北極圏では、イヌピアット・エスキモーが昔ながらの自給自足の生活を送っており、その歴史は世代から次の世代へと口頭で受け継がれています。極北アラスカは、ゴールドラッシュ時代をはじめとする豊かな歴史と「北極圏の扉国立公園」を代表とする自然の神秘で溢れています。

極北アラスカの村へは、フェアバンクスやアンカレジからジェット機や小型飛行機にて訪れることが可能です。この一帯は、アラスカで最も多様性に満ちた地域で、様々な文化や野生動物、そして沿岸部から山脈一帯にかけて広がる壮大な景観などを楽しむことができます。

旅行計画を立てる - 極北アラスカ

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK