アラスカの中心部にあたる中央アラスカには、アメリカ大陸最高峰を誇るマッキンリー山や広大なツンドラ地帯が広がります。様々な野生動物や野鳥が生息する森では、猛々しいグリズリーや群れをなすカリブーにまじり、愛らしいカラフトライチョウの姿を見ることもできます。夏の百夜、冬のオーロラも体験することができます。また、アンカレジやフェアバンクスからデナリ国立公園へと向かうハイウェイでも、野生動物の姿を見かけることができます。中央アラスカには、金採掘や農業に加え、この地域の財宝とも言える毛皮目的の罠猟などを生活の糧としていたアサバスカン・インディアンが形成した集落が沢山あります。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK