アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

アラスカへの船の旅  

アラスカへの交通手段: アラスカへの船の旅

アメリカ合衆国の全ての州の海岸線を合わせてもアラスカの海岸線には及びません。船上から、その海岸線と数々の海洋生物や氷河などを眺めながら移動する船の旅は、アラスカでは最も人気のある旅行手段です。アラスカへ向かう船の旅は、クルーズ船かフェリーの2つの方法があります。

アラスカへの旅行手段として最も人気のあるクルーズには、その理由があります。20世紀初頭に運航が開始されたアラスカのクルーズは、時を経て芸術ともいえるクルーズへと進化しました。全てが完備された快適な船内、旅行期間に合わせた旅程、寄港地での豊富なオプショナル・ツアーなどがアラスカクルーズの人気の理由です。

クルーズには、大型船と小型船のという2つの基本的なカテゴリーがあります。また、アラスカへの旅程は、7日から数週間までとルートにより様々です。小型船は、細やかなサービスと、写真撮影、ホエールウォッチングや考古学研究などといった旅行者の要望や目的に合わせた旅程のクルーズを楽しむことができます。一方、大型船は華やかなエンタティメント、ショッピング、大きな寄港地でのオプショナル・ツアーなどを存分に楽しむことができます。

インサイド・パッセージは、アラスカで最も人気のあるクルーズルートです。荒い波と数々の島に取り囲まれたアラスカ南東の海岸線を蛇行しながら進みます。この一帯は、大型船、小型船両方の運航経路となっています。セントラルアラスカ沿岸とアリューシャン列島近辺は、主に小型船クルーズ会社の領域となります。これら遠隔地は、歴史的文化と野鳥をはじめとした野生動物で有名です。

個人での旅行なら、アラスカ州営フェリーであるアラスカ・マリンハイウェイもお勧めです。アラスカへは、ベリンハム、ワシントン、プリンスルパート、ブリティッシュ・コロンビアからの乗船となります。フェリーにはプライベート・キャビンや団体部屋の他、寝袋で横になれるパブリックスペースがあります。ほとんどのフェリーには、食堂やカフェテリア、映画、小さなギフトショップなどが常設されており、動植物研究家も同乗しています。フェリーは頻繁に停泊するので、車やRV車も乗船させ、内陸部の観光スポットへと足を延ばすことができます。

アラスカ・マリンハイウェイは、インサイド・パッセージからアラスカ湾を抜け、遥かアリューシャン列島まで運航しています。途中停泊するいくつもの小さな港町には、ビジターセンターもありますので、このような最果ての町を散策し 人々の暮らしに触れるのもいいでしょう。

ATIAJapanese2014 Alaska Heritage Tours vJapanese Visit Anchorage 2014 Japan

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Un-Cruise Adventures
Adventure Cruise Packages - Request Your Free Brochure!

アラスカ観光スペシャル