アリュートとアルーティック

この2つの文化は、アラスカ南西部とアリューシャン列島で見られます。ウナンガン(Unangax̂)はアリューシャン列島とプリビロフ諸島に集落を持ち、スグピヤック(Sugpiaq)はコディアク島とプリンスウィリアム湾と伴に暮らします。ウナンガンとスグピヤックは臨海で生活をし、衣食住を海に依存していました。18世紀にロシア人がアレウト/アルティークの島に到達し人々の暮らしが変わり、その後元に戻ることはありませんでした。彼らの生活様式へのロシアからの影響は今日も残っており、ロシア正教会が彼らの暮らしの中で大きな役割を果たしています。ウナンガンはウナンガン語を話し、スグピヤックはスグセスタン語を話します。

ウナンガンは約3,000年前に住み付いた比較的新しい部族ですが、それでも最初のヨーロッパ人が来た時期より何千年も前です。ウナンガンは州南部および南西部、特に1,300マイルにおよぶアリューシャン列島に移住しました。

水とは切っても切れない生活でした。彼らの食糧は主に海と川から獲り、衣服は防水できるよう革をきつく縫い付けて作りました。

ウナンガンとスグピヤックは、木製/クジラの骨製のラフトを草で覆って作られた、細長い半地下の家に住んでいました。入口は屋根に開けられた梯子付きの穴でした。集落は通常湾岸の村であり、上陸用の舟に適した砂利浜が理想的でした。彼らの交通手段はカヤック(ロシア語でbaidarkas)、または大型の皮製ボート(angyaqs)、またはbaidarsでした。

ウナンガンとスグピヤックの男性は、一部には動物の霊に敬意を払うため、デザインの凝った狩猟用装束を身に着けました。皮製のカムレイカまたはローブは、毛皮のタッセルまたは羽根やビーズで飾られています。木製の帽子は人物の地位により形状が異なっており、アシカのひげが狩猟能力の証明となっています。