アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

以下のビジネスリストからご興味のあるものを見つけてください:

アサバスカン

内陸部に住むアラスカ・インディアンのグループであるアサバスカンは、当初、極北アラスカのブルックス山脈から中南アラスカのクック湾にかけ、さらに西部のノートン湾からカナダ国境周辺からさらに遠方に向かった広い範囲に住んでいました。プリンス・ウィリアム湾のイーヤク語を含め、アサバスカンは用いる言葉によって11のグループに分けられます。ただし、アラスカ・ネイティブ・ヘリテージセンターによると、イーヤク語を用いるのは南東アラスカグループのイーヤク族と定義をしています。アサバスカンは、川沿いを中心に自給自足の生活を送るようになり、ユーコン川、タナナ川、スシトナ川、クスコクウイン川、カッパー川といったアラスカの大きな川の周辺に定住するようになりました。また、同じ時期に、北西沿岸部のインディアンが移り住んだとされるアサバスカンは、遊牧狩猟・漁業民族です。

アサバスカンは、20人から40人くらいの小さなグループを形成し、冬はベースキャンプ、夏はフィッシュ・キャンプを張って過ごしながら、移動生活を送っていました。母系家族制度を基本に一族の長老がグループにおける重要事項の決定を行っていましたが、グループの中心は、女性とその兄弟のそれぞれの家族という場合もありました。また、母方の兄弟は、一族の伝統として、しばしば子供たちの教育係りを務めていました。

収穫物は季節により変動があるため、アサバスカンの男たちは他の集落との取引に力を入れていました。取引される商品は、犬ゾリとカバの木の皮やムースの皮革で作ったカヌーで運搬されていました。 また、上着、モカシンをはじめとした身の回りの品についても、ムースやカリブーの皮革など手元の材料を利用して作られていました。 


ATIAJapanese2014 Visit Anchorage 2014 Japan Standard Banner

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Visit Anchorage
Alaska vacation packages for less at Anchorage.net

アラスカ観光スペシャル