イヌピアット族とユピック族

ネイティブ・ヘリテージセンターによると、イヌピアットとセントローレンス島のユピックの人々は、自らを「リアル・ピープル」と呼び、アラスカ北部から北西部に定住しています。自給自足の生活を基本とし、今なおクジラ、アザラシ、セイウチをはじめとする大型海洋生物を捕獲やベリー類の収穫をしながら生活しています。季節によっては鳥や魚の狩猟も行います。この2つのネイティブ・グループは、生存のために家や道具を作り出してきた生活パターンの類似性により同じカテゴリーに分類されてきました。セントローレンス島のユピックはシベリアンユピック語を話しますが、他のユピックは他の言語を話します。