アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

以下のビジネスリストからご興味のあるものを見つけてください:

ロシアの遺産

今も残存する優美なタマネギ型ドームや様式化されたアイコンに、アラスカ初期の入植者の影響を伺うことができます。

グリゴリー・シェリコフがコディアック島のスリー・セインツ湾に最初の恒久的居留地を築いたのは1784年でしたが、それ以前にすでにロシア人の猟師や毛皮商人はアラスカの豊かな天然資源を利用し始めていました。

10年後、女帝キャサリンはアラスカにロシア正教の伝道所を設けたいというシェリコフの要請に同意しました。僧侶や宣教師が到着したことで、ロシア人商人と彼らの主な労働力となっていたネイティブとの間で高まっていた緊張は幾分和らぎました。

1799年、アレクサンドル・バラノフ(シェリコフに雇われた経営者)の経営するロシア・アメリカ会社は、この地域における通商の独占権についてロシア政府の認可を与えられました。その時点からアラスカが米国によって買収されるまでの間、教会と州の関係はこじれ続けました。

今日、南東部、南西部、南中部地域に住むアラスカ・ネイティブその他多くの人々の生活の中で、ロシア正教は大きな役割を果たしています。特に、シトカやジュノー、アリューシャン列島などを訪れる旅行者は、ロシア正教の美しい教会や美術品を探訪することができます。また礼拝に参列したい場合は、喜んで迎え入れてくれます。


Standard Banner Alaska Heritage Tours vJapanese ATIAJapanese2014

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Alaska Tour & Travel
FREE TRANSPORTATION TO WHITTIER WITH CAR RENTAL

アラスカ観光スペシャル