アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

以下のビジネスリストからご興味のあるものを見つけてください:

野生生物ガイド


  • シロイルカ (ベルーガ)
    シロイルカの顔についている丸いこぶは「メロン」と呼ばれていますが、どうもそれは彼らの発声機構...
    詳細はこちら »

  • ブラックベア
    ブラックベアはアラスカに住んでいる3種類のクマの中で一番小さなクマで(他の2種類はグリズリーと北極グマ)で、...
    詳細はこちら »

  • ブラウンベア
    コディアック島のブラウンベアは遺伝子的にも身体的にも孤立しているため本土に住んでいるブラウンベアとは異なる...
    詳細はこちら »

  • カリブー
    カリブーはシカの仲間で、外見も一番近い親戚であるトナカイによく似ています。...
    詳細はこちら »

See More

  • ドールシープ
    ドールシープは巻いた角が特徴的ですが、その角をよくみるとこの動物の年齢が分かります。
    詳細はこちら »

  • ハクトウワシ
    アメリカ合衆国の国鳥であるハクトウワシは、他のどの地域よりもアラスカで沢山見ることができます。それは多分、アラスカには彼らの主な食糧...
    詳細はこちら »

  • ハリバット(オヒョウ)
    一般にはサーモンが一番知られているでしょうが、ハリバット(オヒョウ)も負けず劣らず興味深い魚です。
    詳細はこちら »

  • フィリアザラシ
    地元の人々はフィリアザラシを「へア・アザラシ」とも呼んでいます。
    詳細はこちら »

  • ザトウクジラ
    夏のアラスカではザトウクジラの姿は珍しいものではありません。
    詳細はこちら »

  • アビ
    アビは「ウィルダネスの精霊」とも呼ばれています。
    詳細はこちら »

  • ムース
    ムースはアラスカの魅力ある被写体としてカメラマンの間で最も人気があります。
    詳細はこちら »

  • ジャコウウシ
    ジャコウウシは先史時代を思わせる姿をした動物で、地面をかすめるほど長い毛や自分の顔にまで届くほど曲がった角をもっています。
    詳細はこちら »

  • シャチ
    シャチは白黒模様のクジラで、遠くから見るとイルカかネズミイルカに似ています。
    詳細はこちら »

  • 北極グマ
    世界最大の肉食動物というと多くの人はグリズリーを挙げますが、実は北極グマこそ世界最大の肉食動物なのです。
    詳細はこちら »

  • ツノメドリ (パフィン)
    ツノメドリはアラスカの海岸地方で見られる海鳥の中でも最も特徴的な鳥のひとつです。
    詳細はこちら »

  • サーモン
    アラスカの到るところにいるこの魚の素晴らしい特徴をすべて数え上げるのは困難です。
    詳細はこちら »

  • ラッコ
    ラッコはアラスカの近代史にさまざまな形で影響を与えてきた動物です。
    詳細はこちら »

  • トド

    詳細はこちら »

  • セイウチ
    見た目ではセイウチは同じ鰭脚亜目の仲間であるアザラシやアシカに似ていますが、2つの点でこれらとは異なっています。
    詳細はこちら »

  • オオカミ
    犬を飼ったことのある人なら、訓練士や専門家から、犬がその遺伝子上の先祖であるオオカミにいかに似ているか、ということを聞いたことがあるはずです。
    詳細はこちら »

Visit Anchorage 2014 Japan Juneau, Alaska -- glaciers, wildlife & wilderness Standard Banner

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Alaska Fishing Lodge-Soldotna B&B
Everything but Kenai Sink Package, 5% discount off below prices, May/June/September

アラスカ観光スペシャル