アラスカトラベルガイドとトラベルインフォメーション

 
Menu

ジャコウウシ

ジャコウウシは先史時代を思わせる姿をした動物で、地面をかすめるほど長い毛や自分の顔にまで届くほど曲がった角をもっています。太古の時代を思わせるのは姿だけではありません。ジャコウウシの先祖が北米大陸に渡ってきたのは20万年前から9万年前の頃だと信じられています。ジャコウウシの下毛は「キヴィゥト」と呼ばれていますが、この下毛はカシミアよりも柔らかいのです。ジャコウウシは「キャプティビティ」と呼ばれる150ヶ所の飼育施設(アラスカにあるいくつかの研究センターの管轄下)に住んでいますがこの貴重な下毛の刈り取はそこで行われています。アラスカ・ネイティブの多くの村では、女性たちがこのキヴィゥトをスカーフや帽子その他の工芸品に仕立て上げています。これらの品々は温かく、柔らかくてしかも防水性に優れています。村ごとに独特の模様があり、その魅力が珍重されています。アンカレジにあるオーミングマック・マスク・オックス・プロデューサーズ・コーポレイティブと呼ばれるキヴィゥトの織り手たちの組合は、これらの品物を小さな小売店で売っていますが、州内各地にある土産物店でもキヴィゥト製品を買うことができます。 

ジャコウウシ ウォッチング・ポイント:

アラスカにはジャコウウシが2,200頭ほどいますが、特別な場所だけで彼らを見ることができます。それは:ヌニバク島で500頭;エルソン島で220頭;ファー・ノースに630頭;スワード半島に700頭;そしてユーコン・クスコクウィム・デルタに150頭です。夏になるとジャコウウシは草やスゲの茂みを食べるため河川の流域に引き寄せられますが、冬は深い雪を避けるため高地へと移動します。

ウォッチング・シーズン:

ジャコウウシは上に述べた特定の場所なら年間を通じて見ることができます。普通ジャコウウシは集団を作っており、長い毛があるため風や雪の中ではしゃがんでいるように見えます。


ATIAJapanese2014 Alaska Heritage Tours vJapanese Visit Anchorage 2014 Japan

バケーション ガイド

オフィシャルアラスカトラベルプランナートラベルガイド(無料)をリクエストして下さい。 (送料は必要です)

資料請求

アラスカ ギャラリー

アラスカイメージギャラリー野生動物からくつろぎの滞在までアラスカの画像を見る

画像を見る

トラベル スペシャル

Un-Cruise Adventures
Alaska Adventure Cruises - Request Your Free Brochure!

アラスカ観光スペシャル