シロイルカの顔についている丸いこぶは「メロン」と呼ばれていますが、どうもそれは彼らの発声機構に役割を果たしているらしいのです。シロイルカはとてもおしゃべりな動物として知られています。科学者が調べたところによれば、シロイルカは口笛、金切り声、コッコッという音、ニャーニャーという音、チーッチーッという音、震え声、ベルのような音色など11の異なる音を出すとのことです。シロイルカが音を出す時、メロンが眼に見えてピクピクと動きます。シロイルカは3月か4月に繁殖期をむかえ、妊娠期間は15ヶ月近くあります。子イルカは約2年間母親に育てられます。天敵の北極グマやシャチからは身を護らなければなりませんが、シロイルカの寿命は40年ほどと言われます。

  シロイルカの ウォッチング・ポイント:

シロイルカは広く北極から亜北極の海域に分布しており、多くの場合、海岸地域に住む人々にとっては獲物として最も大切な小型クジラ目の動物です。シロイルカは簡単に見分けがつきます:成獣は体色が輝くような白で、顔の上にこぶがあります。

 ウォッチング・シーズン:

シロイルカを見るなら夏が一番です。冬の間、彼らは凍った北の海の水海面下に隠れていることが多いからです。しかし夏になれば、沿岸海域で彼らを見つけることは簡単です。それは彼らが皮を脱ぎ、砂利の海底で古くなった皮膚層をこすり落とすため浅い沿岸海域へ来るからです。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK