ブラックベアはアラスカに住んでいる3種類のクマの中で一番小さなクマ(他の2種類はブラウンベアのグリズリーと北極グマ)で、グリズリーに比べてとがった口先をしています。奇妙に聞こえるかもしれませんが、ブラックベアはいつも色が黒いわけではありません。体色は白またはクリーム色から茶色あるいはシナモン色に代わります。インサイド・パッセージのヤクタット近辺、時にはアラスカ南西部では、珍しいブルーの「グレイシャー」ベアを見かけることもあります。夏の間、彼らはサーモンやベリーをたらふく食べ、数か月の間に数百ポンドも体重を増やします。州内にはベア・ウォッチンング・エリアがいくつか指定されており、クマたちが食べ、遊び、子育てする素晴らしい光景を安全に見ることができます。

ブラックベアのウォッチング・ポイント:

インサイド・パッセージの最南端から北極圏の北部、そして州の東端から西端まで、ブラックベアはアラスカの森林地帯に広く生息しています。南東部アラスカのトレイルをハイキングする人は、クマを驚かせないよう、できるだけ音をたてながら進むことが大事です。あなたがやって来ることが分かっていれば、普通、クマたちは襲ってくることはありません。

ウォッチング・シーズン:

ブラックベアは冬眠しますから、冬に彼らを見ることはありません。彼らは秋に冬眠に入り、春になると穴から出てきます。アラスカ最南端地方では暖冬の場合にクマが出てくることもありますが、最北地方では熊の冬眠期間は7~8ヶ月にもなります。

This website uses cookies to analyze traffic and customize content on this site.
By clicking OK and using this website you are agreeing to our privacy policy regarding the use of cookies.

OK